2018 – 2019 年度 スローガン

”友愛と奉仕で築け 人々の幸せ”

『~ 原点回帰 ~』

基本方針

1.GMT(会員維持・増強)、GLT(指導力育成)、GST(奉仕)FWT(家族・女性)、これらの総称であるGATgrobal action team)運動を推進しましょう。

 会員1人1人の奉仕活動がライオンズクラブの活動の基本です。より活発に活動するために、仲間を増やし、お互いに資質を高めあい、家族を誘い、クラブを発展させましょう。

 

2.LCIFへdonationしましょう。

Donationは一般的には寄付・寄贈と訳されます。国際協会は様々な奉仕活動を世界各国で行っていますが、その行為はLCIFへの献金によって成り立っています。GDP世界3位の経済大国の実力を世界に示し、世界におけるライオンズクラブの活動に貢献しましょう。

 

3.青少年健全育成に資する活動を行いましょう。

本来の意味での青少年の健全育成に貢献する活動を行いましょう。過去15年にわたって、一部の地域では盛んにおこなわれてきたライオンズクエスト活動は、種々の問題が指摘されています。既存の活動を変更することは多大な労力を要しますが、本来の活動に戻る努力をしましょう。

 

4.臓器提供( donation )運動の推進

 “ドネーション”の本質を理解してください。過去から行われてきた献血(blood donation)、献腎、献眼、骨髄移植(いわゆる四献)は過去の法律で保護・推進されていた臓器提供です。現在は新しい法律によって心、肺、肝、膵、等、様々な臓器の提供が可能になっています。いつまでも古い法律・慣習にとらわれず、四献運動あらため、時代に即した“臓器提供推進運動”(血液を含めた多臓器の提供を進める啓蒙運動)を進めましょう。

 

5.環境への取り組み

各々の地域には、様々な郷土愛に基づく住民運動があります。「川を美しくしよう運動」、「公園の清掃」、「ごみの分別」等です。一方、世界に目を向けると、地球温暖化が進み、地球規模で環境が破壊されつつあり、いずれ人類の存続にも影響する事態が発生しているにもかかわらず、超大国が自己の利益追求に邁進し、環境保全をないがしろにしています。せめて我々善意のライオンズクラブは、ささやかでも環境破壊に立ち向かいましょう。

page